綾瀬版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

若い力の活用 先駆者に学ぶ 新プロジェクト立ち上げに向け

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
逗子30,sメンバーに学んだ
逗子30,sメンバーに学んだ

 市役所で今月25日、「(仮)あやせ30,sプロジェクト立ち上げに伴う研修会」が行われ、集まった市内の若手たちが先駆者である逗子の同プロジェクトメンバーからノウハウを学んだ。今後は2015年度初旬の組織立ち上げに向け、企画委員会を開催する。

 同研修会は、市社会福祉協議会が音頭を取り開催された。同協議会が自治会や地区社協、ボランティア団体と活動を行う中で「組織の高齢化」という各団体共通の課題に直面したためだ。

 この問題に対し市社協は「若い層は地域に対する関心がないのではなく、活動の環境が整っていないだけなのではないか」と仮定。「若い層のボランティアは高齢層には入りにくいのでは」「福祉と言う枠にとらわれない方がいいのでは」など、様々な角度で模索を続けていた。

 そんな時に出会ったのが、逗子市の30代が中心となり活動している「逗子30,sプロジェクト」の存在だった。同団体は「ゆるやかで気楽なつながり」をコンセプトに、各自の興味関心を企画に繋げ実行に移すというものだった。

 例えば、ランニングをしながら夜の街を見守る「ハピランプロジェクト」。仕事上がりに集まれる人で、走りながら防犯をするという取組みだ。その気楽さと体を鍛えられるというメリット、ラン仲間が出来る楽しさなどから、徐々にメンバーを増やしているという。

 他にも「30,s世代の危機管理」や「秋の交流祭」「ずしうみ2014企画」などユニークな取組みは幅広い。「これらを参考に綾瀬テイストに味付けし、若い力を街に取り込んでいきたい」と、市社協では話している。

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

来年2月に第2回

綾瀬ふるさと検定

来年2月に第2回 文化

身近な50問「魅力再発見を」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク