綾瀬版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

若い力の活用 先駆者に学ぶ 新プロジェクト立ち上げに向け

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
逗子30,sメンバーに学んだ
逗子30,sメンバーに学んだ

 市役所で今月25日、「(仮)あやせ30,sプロジェクト立ち上げに伴う研修会」が行われ、集まった市内の若手たちが先駆者である逗子の同プロジェクトメンバーからノウハウを学んだ。今後は2015年度初旬の組織立ち上げに向け、企画委員会を開催する。

 同研修会は、市社会福祉協議会が音頭を取り開催された。同協議会が自治会や地区社協、ボランティア団体と活動を行う中で「組織の高齢化」という各団体共通の課題に直面したためだ。

 この問題に対し市社協は「若い層は地域に対する関心がないのではなく、活動の環境が整っていないだけなのではないか」と仮定。「若い層のボランティアは高齢層には入りにくいのでは」「福祉と言う枠にとらわれない方がいいのでは」など、様々な角度で模索を続けていた。

 そんな時に出会ったのが、逗子市の30代が中心となり活動している「逗子30,sプロジェクト」の存在だった。同団体は「ゆるやかで気楽なつながり」をコンセプトに、各自の興味関心を企画に繋げ実行に移すというものだった。

 例えば、ランニングをしながら夜の街を見守る「ハピランプロジェクト」。仕事上がりに集まれる人で、走りながら防犯をするという取組みだ。その気楽さと体を鍛えられるというメリット、ラン仲間が出来る楽しさなどから、徐々にメンバーを増やしているという。

 他にも「30,s世代の危機管理」や「秋の交流祭」「ずしうみ2014企画」などユニークな取組みは幅広い。「これらを参考に綾瀬テイストに味付けし、若い力を街に取り込んでいきたい」と、市社協では話している。

綾瀬版のトップニュース最新6

かながわブランドに

綾瀬ブランド菜速あやせコーン

かながわブランドに 経済

「誇りと三位一体」で高価値化に成功

7月12日号

ベトナム法人と提携

綾瀬市綾瀬市商工会

ベトナム法人と提携 経済

技能実習生の受け入れで3者タッグ

7月12日号

ビーチテニス国際大会へ

小田急藤沢テニスガーデン

ビーチテニス国際大会へ スポーツ

小寺佑季さんと市川雄大さん

6月28日号

「言葉」テーマに執筆

元教育長福島剛さん

「言葉」テーマに執筆 文化

「洒落に魅かれて」出版

6月28日号

内閣総理大臣賞を受賞

陶芸家近藤圭さん

内閣総理大臣賞を受賞 文化

こだわりに高い評価

6月14日号

オリーブオイル「綾」に銀賞

山田農園(落合南)

オリーブオイル「綾」に銀賞 経済

出品24カ国の中から評価

6月14日号

「めぐるっと」導入

観光情報アプリ

「めぐるっと」導入 経済

モデルコースやクーポンも網羅

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民ホールで鑑賞

市民ホールで鑑賞

7月29日(月) ピアノとフルート

7月29日~7月29日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク