綾瀬版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

あやせ国際フェスティバルで司会を務める 土井崇允(たかよし)さん 上土棚中在住 25歳

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena

25歳で目覚めた郷土愛

 ○…あやせ国際フェスティバルで初めての司会を務める。きっかけは、同じく当日の司会者である鈴木晴奈さんとの出会い。国際交流活動を行う「AIFAユース」代表の鈴木さんを通じ外国の友人が増え、自分の世界が広がるのを実感した。「フェスをきっかけに、自分の世界をもっと広げたい」という気持ちが芽生える。司会のオファーを二つ返事で引き受け、AIFAユースにも加入した。

 ○…元々、学校行事などイベントごとが大好きで、機会があれば携わりたいという思いはあった。しかし学生時代はサッカーに青春を捧げ、大学では自ら学費を稼ぎ勉強する苦学生。就職後は新卒として仕事にまい進していたため、関わる機会に恵まれずにいた。転職で戻った綾瀬での出会いを機に開けた「新しい世界」。初めての挑戦にも物怖じせず、「聞いてて退屈しない、楽しい司会をやりたい」と意気込みを語る。

 ○…生まれは横浜。小6の時に綾瀬に移り住む。高校では全国を目指し、サッカー漬けの毎日を過ごす。大学進学で東京に出るが、やりたいことを学ぶため「自分で学費を稼ぐ」と両親を説得したという行動力には脱帽だ。卒業後は仙台で営業職に就いた。現在は江の島の企業に勤めている。「サッカーは今も友人とやっている。アウトドアが好きなので、趣味を今後の活動に活かせないかと考えています」と目を輝かせる。

 ○…「もっと早くに地元のことに色々関わればよかった」と話す。様々な出会いを通し、これまで興味を持たずにいた「郷土」は魅力の宝庫だと気付かされた。「例えば『ふるさとの宝かるた』。こんな素晴らしいものがあるなんて知らなかったし、自分が中学生の時にあればもっと早くから興味を持てたかも」と目を細める。「これからはもっと地域の事を勉強して、自分が興味を持てるものを探したい。それをみんなに伝える手伝いができれば」と、今後の展望を語った。

綾瀬版の人物風土記最新6

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

小宮 量基(かずもと)さん

綾瀬市民俗芸能保存協会の会長として市民文化祭に参加している

小宮 量基(かずもと)さん

早川在住 74歳

10月4日号

大光寺 圭さん

綾西バザール商店街で「あやせ音楽祭」を開催する

大光寺 圭さん

綾瀬市内在住 39歳

9月20日号

小川 秀雄さん

ジャズオーケストラのバンドマスターとして50年にわたり活動している

小川 秀雄さん

寺尾西在住 71歳

9月6日号

伊東 はるかさん

市史文化財担当として文化財企画展の運営に携わった

伊東 はるかさん

綾瀬市役所職員 25歳

8月23日号

花岡 賴利(よりとし)さん

過去3回、詐欺被害を未然に防いだ

花岡 賴利(よりとし)さん

上土棚北在住 69歳

7月26日号

森山 謙治さん

「菜速 あやせコーン」の生産者でトウモロコシ部会の部会長を務める

森山 謙治さん

早川在住 62歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク