綾瀬版 掲載号:2015年5月1日号 エリアトップへ

消防指令センター長を務める 須江 康成さん 海老名市柏ケ谷在勤 59歳

掲載号:2015年5月1日号

  • LINE
  • hatena

人にやさしく自分に厳しく

 ○…海老名、綾瀬、座間の119番通報の受信や災害出動指令など、消防通信業務を一元化するため4月に開所した「消防指令センター」。広域化する災害対応や効率化を図り、3市約34万人の人命と財産を守るため舵をとる。「緊急時の119番で困っている方に最初に対応する重要なポジション。間違いのないように、しっかりと職務を全うしていきたい」と真剣な眼差しで答える。

 ○…暇を持て余すよりも体を動かすことが好きで、高校生時代は6種のアルバイトに従事した。その頃から「早く家庭を持ちたい」という想いが強く、進学ではなく就職を選択。人に感謝される一生の仕事をしたいと消防の道へと歩み始めた。19歳で入庁後は救急隊や救助隊など、あらゆる業務を経験。駆け付けた現場では、助けられる場合もあれば、人が亡くなる場面に遭遇することもしばしば。「あの時は何をすることも出来なかった。当時の無念さは忘れない」と悔しさを滲ませる。「若い時は、自分の目の前の事で精一杯だった。そういう体験の積み重ねで冷静な対応ができるようになってくる。年を重ねた証拠だと思う」と感慨深く語る。

 ○…前屈みに座り、冗談を交え、場を和ませてくれる姿から「温かい人柄」が溢れ出る。子や孫たちの話になると、恥ずかしそうにしながらも「本当に仲が良くて、どこかへ出掛けたりするのが楽しみですよ」とニンマリ顔。20歳の時に結婚した妻との馴れ初めについては「それは勘弁して下さい」と顔を赤らめ照れ笑いする。

 ○…職業柄ぐっすりと眠れないことが多い生活スタイルだが、仕事でもプライベートでも「自分の背中を見せる」が自身の人生訓。命に接する機会が多いからこそ、自分を鍛えることを怠らない。「自分に弱かったら、人を助けられないですよね。1分1秒を大切に心を構えて取り組んでまいります」

綾瀬版の人物風土記最新6

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

小宮 量基(かずもと)さん

綾瀬市民俗芸能保存協会の会長として市民文化祭に参加している

小宮 量基(かずもと)さん

早川在住 74歳

10月4日号

大光寺 圭さん

綾西バザール商店街で「あやせ音楽祭」を開催する

大光寺 圭さん

綾瀬市内在住 39歳

9月20日号

小川 秀雄さん

ジャズオーケストラのバンドマスターとして50年にわたり活動している

小川 秀雄さん

寺尾西在住 71歳

9月6日号

伊東 はるかさん

市史文化財担当として文化財企画展の運営に携わった

伊東 はるかさん

綾瀬市役所職員 25歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク