綾瀬版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

海老名メディカルプラザ 連載【4】 「高血圧」が起こす影響 血圧が高い。分かっていながら放置すると…

4月から開始した「高血圧専門外来」を担当する高橋英樹医師
4月から開始した「高血圧専門外来」を担当する高橋英樹医師
 「健康診断を受けたら高血圧と診断された」という人も多いのでは。それもそのはず。高血圧は全ての病気の中でもっとも患者数が多いと言われている病気。そこで今回は海老名メディカルプラザが4月から開始した高血圧専門外来(水曜・午前のみ)の高橋英樹医師に話を聞いた。

――高血圧とはどのような病気ですか?

 基本的な原因は全身血管の老化にあり、40〜50代ぐらいから兆候が見られ、高齢者になるにつれて多くなるのが高血圧です。これの一番怖いところは『自覚症状がほとんど無い』こと。進行していても体に異変が起きるわけではないので「血圧が高いな〜」ぐらいに思われるケースがほとんどです。しかしながら、これを放置しておくと、脳梗塞などの脳血管疾患や心臓病などの合併症へと発展し、命にかかわる病気を引き起こしやすくなります。

―予防の方法は?

 「今は大丈夫」でも10年後に影響が出てくるのが高血圧の怖いところでもありますので、健康診断や日々のチェックで血圧が高い人は予防するにこしたことはありません。

 予防方法としては一般的にも知られている事ですが、食事での減塩、運動をする、禁煙、肥満の人は体重を落とす、というのがメインになってきます。つまり、生活習慣を変えるのが一番の予防であるといえます。

 病院に来たからといってすぐには薬で対処するわけではありません。なかなか改善できない方や、気になる方は一度当院の内科に受診くださればと思います。

海老名メディカルプラザ

海老名市中新田439-1

TEL:046-234-6529

http://plaza.jinai.jp/

綾瀬版のピックアップ(PR)最新6件

賢い土地の売却方法・空家対策とは

空家の心配、知らないと損する税金の特例 など

賢い土地の売却方法・空家対策とは

2月23日号

「老人ホームではない」住まい方

新シニアへ贈る 人生100年時代の終の棲家 シニア向け分譲マンション

「老人ホームではない」住まい方

2月23日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

2月23日号

自宅や実家の活用を考える

人生100年 「年金と貯蓄では不安」への備え

自宅や実家の活用を考える

1月26日号

家族のために、事前相談

葬儀Q&A【9】

家族のために、事前相談

1月26日号

「空家の実家」どうする?

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

各国の文化集結

各国の文化集結

あやせ国際フェスティバル

2月25日~2月25日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク