愛川・清川版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

鳥類の"一瞬"を見よう 町郷土資料館で1月4日から写真展

エゴの実を食べるヤマガラ
エゴの実を食べるヤマガラ

 県立あいかわ公園内の愛川町郷土資料館で来年1月4日(水)から31日(火)まで写真展「あいかわ公園の野鳥」が行われる。あまり見ることができない猛禽類のクマタカ・オオタカ・ミサゴなど展示数は約40点。

 「様ざまな地域文化とのふれあいが楽しめる憩いと交流のレクリエーション拠点」として整備されたあいかわ公園は、数多くの野鳥が訪れる場所でもある。

 町郷土資料館では平成21年の開館以来、その自然豊かな立地を活かし、「郷土で見ることができる野鳥」として職員を中心に撮影を続けてきた。今回、町内在住者らの写真提供も合わせておよそ40点の展示資料が集まり、写真展の初開催に至った。

 また展示準備期間中に郷土資料館職員が、日本鳥類保護連盟専門員の坂本堅五氏があいかわ公園で撮影した写真があるということを聞き、協力を要請。内容は、クマタカ・オオタカ・ミサゴ、アオサギ・カシラダカ・ハクセキレイ・ヤマセミなど35種以上におよぶ。

展示の見どころと楽しみ方

 鳥類は観察が難しいことで知られている。今回の写真展では、木の実や昆虫を捕食しているシーンの写真など詳細に確認することができる。

 また、展示される写真はあいかわ公園と宮ヶ瀬ダム周辺で撮影したものであるため、公園を訪れた際に、注意深く散策すると、同じ様子を目撃できる可能性もある。郷土資料館学芸員の山口研一さんは「同じものをもう一度撮影することは不可能なので一瞬の勝負。それがまた楽しみでもある」と話す。

 会期中の休館日は1月16日・23日・30日の各月曜日と10日(火)。なお、郷土資料館では、あいかわ公園内の野鳥を撮影した人で、写真を資料館に展示したいという人も受け付けているという。山口さんは「大勢の方のご協力を頂き、新たな写真枚数が確保できた際は次の展示会を開催したいと考えている。来園者や資料館見学者の中から鳥の世界のスクープ写真が出て来れば嬉しい」と話している。

 問い合わせは愛川町郷土資料館【電話】046(280)1050まで。

※写真はいずれも資料館職員撮影
 

虫を捕食するシジュウカラ
虫を捕食するシジュウカラ

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版のトップニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク