愛川・清川版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

親子で考える防災対策 愛川町で非常時の体験教室

近所の危険箇所や避難場所をみんなで確認する
近所の危険箇所や避難場所をみんなで確認する

 愛川町消防本部(大貫佳孝消防長)が12月4日、消防庁舎で「親子防災教室を行った。防災対策について親子で考え、体験を通して学ぶことにより防災に役立つ知識や行動力を身に付け、家庭の防災意識高揚を図ることが目的。町内在住の児童と保護者が対象で町内の小学校を中学校の学区で分け、3年計画で行われているもの。最終回の今回は、町立半原小学校と田代小学校が対象で、当日は10組27名が参加した。

段ボールで簡易トイレ

 教室のテーマは「考えよう我が家の防災対策、やってみよう私ができる防災体験」。米と水を入れた袋を湯に入れることで米を炊く体験・防災マップづくり・アルミ缶とサラダオイルで作る卓上コンロ・段ボールで作る簡易トイレ・スタンプラリー形式による防災体験(暗闇・大声を出す・初期消火・高所からの非難・痛い体験)の4項目が用意された。

 防災マップづくりでは、自分たちが住んでいる地域や登下校で使う道路の中で、防災上、危険だと思われる場所や緊急時の避難場所を家族で確認し、地図に落とし込んだ。

 また、簡易トイレづくりでは段ボールを使い、切れ込みを入れて土台を組み立て、ビニール袋を入れて完成させた。参加者の一人は「食糧の備蓄は家庭でもしていますが、トイレだけはどうしたら良いのかが分からなかった。今日の体験を震災時に役立てたい」と話していた。

 教室終了後には、消防本部から参加者に修了書が交付された。消防本部の防災対策班では「体験をしながら親子で学ぶことは、防災意識の向上という面で有効だと考えている。災害時の自分の行動や助け合いの大切さを今後も伝えていきたい。今事業は終了するが、新たな体験内容を検討し、今後も実施していきたい」と話している。
 

トイレの組み立て
トイレの組み立て

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク