愛川・清川版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

愛川町 125事業所が受け入れ 町立中学2年生の一斉職場体験

 「愛川町の子どもたちは、愛川町の大人で育てます!」をキャッチフレーズに平成23年度愛川町立中学2年生一斉職場体験が1月18日から3日間の日程で始まる。今年度は町内外の125事業所が中学生を受け入れる。

 愛川町は「多くの人と関わり、働く人の生き方に触れ、将来の自分を思い描き、今を一生懸命頑張る気持ちを持ってほしい」との想いで、平成18年度から地域事業所の協力の下、中学生の職場体験を行っている。今年もスーパー・美容院・飲食店・工場・福祉施設・コンビニエンスストア・保育園・小売店など町内外125事業所が受け入れ先として協力する。

 総合的な学習の時間に行う職場体験。町教育委員会によると学ぶことや働くことを実感する場として生徒や保護者にも好評だという。同委員会が昨年度生徒に行ったアンケートではおよそ93%が「このような機会があったらまた参加したい」、また受入れ先事業所のアンケートでもおよそ81%が「生徒たちは意欲的に取り組んでいた」とそれぞれ回答したという。

 今年度の町立中学2年生はおよそ400人。生徒たちはそれぞれの学区内にある事業所を基本として、希望などが考慮され、昨年中に受入れ事業所が決定している。

 期間中、生徒たちは家を出て直接体験場所へと”出勤”。午前7時から午後5時の範囲内で、受け入れ先の都合に合わせ1日5時間半から7時間半勤務する。その間、教職員は挨拶等に訪れ生徒たちの様子を確認するが、それ以外は体験のよりよい効果を上げるために必要な場合を除き顔は出さないという。終了後は各学校で発表会等が予定されている。

 教員委員会担当課は「働くことの大切さや社会のマナーやルール、仕事への取組み方など外に出て生徒たちが初めて気づくことも多い。職場体験を通して生きる力を養ってもらえれば」と話している。

 問い合わせは愛川町教育委員会教育開発センター【電話】046・285・2111(内線3619)まで。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版のトップニュース最新6件

開館10年で特別企画

愛川町郷土資料館

開館10年で特別企画

7月20日号

自治会加入に特典導入

新メニュー「茶パスタ」考案

地域おこし協力隊

新メニュー「茶パスタ」考案

7月6日号

スポーツ感覚で河川清掃

ドローンで鳥獣対策

小野澤町政2期目へ

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク