愛川・清川版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

災害時に素早く対応 町が国と協定を締結

山田町長(右)と相模川水系広域ダム管理事務所の佐藤所長
山田町長(右)と相模川水系広域ダム管理事務所の佐藤所長

 愛川町は1月17日、国土交通省関東地方整備局との間で「災害時の情報交換に関する協定」を締結した。大規模災害発生時に、同局が情報連絡員を町に派遣することで、迅速な情報交換と的確な支援体制を作ることが目的。 大規模災害発生時は、初期段階における対応が最も重要とされる中で、この協定は迅速で的確な災害対処を行うために、地方公共団体と国との連携を強化するもの。

 具体的には大規模災害が発生した場合、関東地方整備局から職員が情報連絡員として愛川町に派遣され、災害対策本部に合流。情報連絡員は、国と町を結ぶ窓口として、被災状況を現地で把握し、関東地方整備局災害対策本部への報告にあたる。

 これにより、災害対策車両や専門技術を有した職員の派遣など現場での復旧活動に、速やかに国の応援・支援を要請することができるという。

町長「とても心強いこと」

 協定締結式には、愛川町の山田登美夫町長、大貫佳孝消防長、国土交通省関東地方整備局相模川水系広域ダム管理事務所の佐藤郁太郎所長、加藤勉施設管理課長が出席した。

 山田町長は「緊急時の迅速で的確な支援体制という点で、協定を結ばせて頂くことはとても心強いこと」と述べた。

 また協定締結を受けて愛川町消防本部は「相模川水系ダム管理事務所と町は、宮ヶ瀬ダムの防災対策上の観点から、日頃情報共有を怠らずに連携を行っているが、今回の協定締結でさらに信頼関係や交流関係が築かれるものであると確信している」と話した。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版のトップニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク