愛川・清川版 掲載号:2012年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

歩いて広域避難場所へ 大規模災害を想定し宮本区が実施

広域避難場所へ向かう参加者
広域避難場所へ向かう参加者

 愛川町半原の宮本区自主防災組織(小倉理男区長)が7月1日、大規模災害を想定し緊急避難場所から広域避難場所への移動訓練を行った。同区が自主的に企画したもので、町内行政区では初めての試み。

 広域避難場所は、災害時に自宅が倒壊するなど危険な状態にある時に生活の場として開設される場所。現在、町内では、小・中学校を中心に13カ所が指定されている。

 宮本区ではこれまで区内に5カ所(宮本児童館・馬場集会所・半原保育園・顕妙寺・半原小学校)ある緊急避難場所への避難訓練を行ってきた。

 しかし、大規模災害が発生した場合には、瞬時に多くの家屋が倒壊し、多数の被災者が広域避難場所へ避難することが想定される。

 また、町内の全広域避難場所で運営委員会として自主防災組織を中心とした取組みが進められている中で、災害時の行動を再確認する必要もあり、今回の企画となった。

 同地区の広域避難場所は県立愛川ふれあいの村。坂の多い地域ということもあり、当日は危険箇所や安全な経路を確認しながら歩いた。要した時間はおよそ30分だった。

区長「防災意識の高さ感じた」

 宮本区は、宮ヶ瀬ダムのすぐそばで、川沿いのエリア。452世帯、1138人が暮らす(平成24年6月1日現在)。一時避難訓練には250人が参加、この内広域避難場所までは130人が歩いた。参加者は区内の地区長らの呼びかけで集まった人たちで幼稚園児から高齢者まで幅広い。

 訓練に参加した70代の女性は「今回、広域避難場所まで歩いてみようとのことでぜひにと思い参加した。私自身は行くのが初めてだったので、歩けるか、どのような場所かなど確認することができてよかった」と話した。

 小倉区長は「たくさんの方に参加していただき、皆さんの防災意識の高さを感じた。今後も引き続き区が一丸となって防災への取組みを行っていきたい。また、今回参加できなかった人には次回ぜひ参加してほしい」と話した。
 

愛川・清川版のトップニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

都心から一番近いオアシス宮ヶ瀬

https://www.miyagase.or.jp/

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク