愛川・清川版 掲載号:2012年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

愛川町社協 紺色バンドは応援者 知的障がい者サポーターの取組み進む

紺色バンドを付けた社協職員
紺色バンドを付けた社協職員

 愛川町社会福祉協議会(橋本利男会長)が「知的障がい者サポーター」の周知を進めている。同協議会による独自の取組みで、障がい者が住みなれた街で安心して暮らせるための風土づくりを目的としている。

 町社協では、同協会が実施する「知的障がい児・者養成講座」を受講した人を「知的障がい者サポーター」と呼んでいる。サポーターといっても何かをする存在というのではなく、障がいについて知り、本人や家族を温かく見守る応援者の意味で、現在町内に32名がいる。

 講座は毎年、福祉施設等の職員らを講師として招き、障がいについての理解や関わり方、当事者や保護者の思い、町内での活動などを学んでいる。講座終了後に渡す紺色のシリコンバンドが受講者の目印だ。

 この取組みは、社協を主体に、様々な地域福祉課題を話し合う「愛川の底力住民委員会」で持ち上がったもの。地域で知的障がい児・者への理解が進んでいないために、心ない言葉を浴びせられるなどの事例が発生しているとの声が寄せられていたため、その解決にむけ始まった。

店舗にも協力呼びかけ

 今年6月に実施された養成講座を5名の店員が受講したセブンイレブン愛川半原店は「知的障がい者サポーターのいるお店」として町内第1号。それを示すポスターも掲示されている。町社協では「今後もサポーターを増やすとともに、町内のお店の方々に講座参加してもらえるよう呼びかけていきたい」と話している。次回の養成講座は来年度を予定している。
 

サポーターのいるお店
サポーターのいるお店

愛川・清川版のトップニュース最新6件

開館10年で特別企画

愛川町郷土資料館

開館10年で特別企画

7月20日号

自治会加入に特典導入

新メニュー「茶パスタ」考案

地域おこし協力隊

新メニュー「茶パスタ」考案

7月6日号

スポーツ感覚で河川清掃

ドローンで鳥獣対策

小野澤町政2期目へ

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

都心から一番近いオアシス宮ヶ瀬

https://www.miyagase.or.jp/

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク