愛川・清川版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

土砂災害から身を守れ 県指定の警戒区域で訓練

田代小学校へ避難する訓練参加者たち
田代小学校へ避難する訓練参加者たち

 愛川町田代の平山地区で5月19日、土砂災害を想定した避難訓練が実施された。当日は、田代区の地域住民と自主防災組織のほか、消防団、町社協などから113名が参加。梅雨・台風シーズンを前に備えを確認した。

 愛川町は昨年4月20日に神奈川県から土砂災害防止法に基づく「土石流についての警戒区域等」について34カ所の渓流が警戒区域として指定を受けている。

 町消防本部によると、土石流は、発生から被災までの時間が極めて短いといい、いのちを守るには時間雨量や総雨量の気象情報をチェックし警戒することや早い避難が重要になる。

 今回、訓練を実施した田代区は、道ノ入沢、井戸入沢、志田沢支川が土石流危険渓流とされている。区域内には、避難時には、地域支援が必要な災害時要援護者が入居する介護施設もあり、危険渓流の存在周知と避難体制の確立が急務となっている。

 この日は局地的な集中豪雨により土砂災害の危険性が高まったとして避難勧告が発令されたという想定。参加者たちは警戒区域内の60世帯を個別訪問して避難のよびかけと誘導を行うとともに、要援護者施設からの避難支援を実施。広域避難場所の田代小では名簿を作成し、逃げ遅れた人がいないかを確認した。

 訓練を終え、田代区自主防災組織隊長の荻田哲郎田代区長は「田代地域にもいつ災害が起きるかわからない。日頃から地域で連携体制を構築しておくことが大切となる。各家庭においても、地震だけでなく、土砂災害についての減災について話し合っていきたい」と話した。
 

愛川・清川版のトップニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 厚木青年会議所

次代の担い手たる責任感をもった20歳〜40歳までの指導者たらんとする青年団体

http://atsugi-jc.com/

文章記録運動「神奈川ふだん記」

機関誌「やまゆり」年2回発行

国際ソロプチミスト愛川

地域に密着した奉仕活動。図書寄贈など活動中。新会員募集中です

㈲小林土建

土木・造成・解体・外構工事。予算・工期など適切なご提案をさせて頂きます

http://www.kobayashi-doken.co.jp/

愛甲商工会

商工会はメリットの宝庫・商工会に加入しましょう

http://www.aikou-shokokai.jp/

大矢孝酒造(株)

相州の地酒 残草蓬莱

http://www.hourai.jp

(公財)宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

都心から一番近いオアシス宮ヶ瀬

https://www.miyagase.or.jp/

愛川町シルバー人材センター

まだまだ元気!地域に貢献!お仕事の依頼・新規会員募集中です

http://www.silver-brain.com/kanagawa/aikawamachi/

公益社団法人 厚木法人会

「健全な経営、正しい納税、社会に貢献」を柱として活動する経営者の団体です

http://hojinkai.zenkokuhojinkai.or.jp/atsugi/

<PR>

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク