愛川・清川版 掲載号:2013年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

初心者教室や大会に大忙しの愛川町水泳協会の会長 三浦 昭さん 愛川町中津在住 68歳

「できた」の顔が原動力

 ○…7月の町民水泳教室に続き、8月には町水泳大会。協会の活動は正に今が大忙し。それでも「数日間の教室を経て泳げるようになった子どもたちの顔、あれはいいよね」と充実ぶりをのぞかせる。毎年、開いている教室は定員超えが恒例で、今年も80名以上が集まった。初心者から経験者までクラス分けし、各自に合わせた指導も魅力の1つ。「まずは楽しく、自分のペースでやればいいんですよ。スポーツの町なのですから」と滑らか。

 ○…25m以上泳げれば誰でも参加できる町の水泳大会。大会といっても、順位やタイムばかりにとらわれるのではなく、普及や健康づくりのきっかけにという思いもある。近年、他のスポーツに押され、町内の水泳人口は減少気味と感じていることもあり、一層力が入っている。「何より体力に合わせてできるのがいいんです」と口から出る水泳の魅力はやまない。

 ○…横浜市出身。子どもの頃は学校が終われば近所の仲間と遊び回った。学校にプールがなかったことから、夏の定番は海や川。「年長者についていくだけで必死。自然と泳ぎも覚えたもんだ」と懐かしそうに振り返る。当時は生涯の趣味となることは想像もしなかったが、転機は40代後半に訪れる。健康診断で医者に運動をすすめられた。働き盛り、住宅関連の営業で忙しい日々を送っていた頃だ。

 ○…ジムに入会したものの、ランニングや筋トレは苦手。そこで出会ったのが水泳だった。週1回が2回になり、3回になり…。仲間との出会いもありすっかりはまった。気づけば数年で体重は15kg近くも減少。「お腹もへこんで、病気もしない。いいことずくめですよ」。自分の健康のためだが、年齢別マスターズでは入賞経験も。話しの終わりには「絶対いい、ぜひやってほしい」とおススメを紹介するように微笑んだ。
 

愛川・清川版の人物風土記最新6件

佐藤 誠三さん

かやねずみ先生として県立あいかわ公園で自然イベントの講師を務める

佐藤 誠三さん

8月3日号

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

青龍保存会の最年少会員として活動する

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

6月8日号

諏訪部 陽輔さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

諏訪部 陽輔さん

5月25日号

松若 昭雄さん

相模川水系広域ダム管理事務所の広域水管理課長を務める

松若 昭雄さん

5月11日号

石川 省吾さん

愛川町消防本部消防長に就任した

石川 省吾さん

4月20日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク