愛川・清川版 掲載号:2013年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

湖に見る今夏の少雨

湖面から木がのぞく場所も(8月30日撮影)
湖面から木がのぞく場所も(8月30日撮影)

 少雨傾向が続いている神奈川県。宮ヶ瀬湖でもその水位が下がっている様子が山の岩肌などからもよくわかる。県によると、相模川水系の相模、城山、宮ヶ瀬と酒匂川水系の三保ダム上流域の7月と8月の累計降水量は過去10年の平均値の30%以下だという。水位は、この時期の基準と比べると9月3日の段階で14・59m下がっているという。付近の駐車場でも写真に収める人の姿が多く見られた。

 現在、取水制限はないが、県は今後も水道水の取水等に影響が出ないように4つのダムの連携運用で水の安定供給に努めるとしている。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク