愛川・清川版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

子どもたちの登下校見守り活動を行う水無(みな)の会会長をつとめる 長谷川 達雄さん 清川村煤ケ谷在住 71歳

高齢期を幸齢期に

 ○…仕事中心の日々を過ごしてきた男たちが定年退職を迎え、いざ地域参加しようと思っても意外と知らないことが多い。すでにある村の団体に入っていこうとも考えたが、どこでどんな活動ができるのかもわからない。そこで近所の仲間が集まって2004年6月に会を発足。名前は水無月とみんなをかけた。「健康で文化的な、楽しい村の生活を求め、能動的に社会参加」が会のスローガンだ。

 ○…もともとコミュニケーションの場づくりが目的だったため、何をするかは決まっていなかった。考えた末、始めたのが学童安全安心パトロール。小学生の登下校時に交通量が多い交差点に立つ。活動は「できる時にできる人ができる範囲で」が基本で、毎日欠かさずではないが、年々子どもたちからの認知も高まっている。「開始当初は立っているだけで声も出せなかった」と笑うが、今では素通りする子どもがいれば積極的に声をかけている。

 ○…発足から9年が過ぎ、村内他団体の協力を得ながら活動も広がりを見せている。防犯巡回や自治会館での花畑づくり、子どもと大人のふれあいイベントと盛りだくさん。一番人気は男の料理教室。毎回15人程度が集う。「自分のことは自分でできるようにしましょうよ」がきっかけだが、食べる楽しみだけでなく、情報交換の場としても一役買っていて、さながら男の井戸端会議だ。

 ○…横浜市出身。豊かな自然に魅かれて清川村に移り住み40年以上。村が高齢期を上手にスタートし、充実して過ごすきっかけづくりにと毎年開く「幸齢社会への入門講座」では実行委員。無趣味だからこそいろいろ出かけて発見もあるとスポーツにレクにといつもエネルギッシュ。名古屋で暮らすお孫さんの”連れてってリスト”はまだまだいっぱい。「だから元気でいないとね」とほほ笑んだ。
 

愛川・清川版の人物風土記最新6件

佐藤 誠三さん

かやねずみ先生として県立あいかわ公園で自然イベントの講師を務める

佐藤 誠三さん

8月3日号

後藤 務さん

愛川町シルバー人材センターの理事長を務める

後藤 務さん

7月6日号

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

青龍保存会の最年少会員として活動する

五本木(ごほんぎ) 駿士(しゅんじ)さん

6月8日号

諏訪部 陽輔さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

諏訪部 陽輔さん

5月25日号

松若 昭雄さん

相模川水系広域ダム管理事務所の広域水管理課長を務める

松若 昭雄さん

5月11日号

石川 省吾さん

愛川町消防本部消防長に就任した

石川 省吾さん

4月20日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク