愛川・清川版 掲載号:2014年2月7日号 エリアトップへ

「まず、生き残る」 愛川町で防災教室

掲載号:2014年2月7日号

  • LINE
  • hatena
段ボールで間仕切りする参加者たち
段ボールで間仕切りする参加者たち

 町消防本部と町社協は1月25日と26日の2日間、共同で「災害ボランティア養成講座・防災教室」を開いた。大規模災害発生時などに地域の核となる人材育成を目的に毎年実施している事業で、今年は2日間で延べ111人が参加した。運営協力は厚木警察署、座間市、愛川町の災害ボランティアネットワークほか。

 参加者の中心は、地域防災リーダー、避難所運営委員、町災害ボランティア登録者だが、一般の申込者も年々増えている。講座はボランティアセンター運営・非常食の体験のほか、講義、そして同事業では初となる夜間宿泊訓練へと続いた。

 災害時の動きを考える講座では講師の「地震災害は防ぐことができないため、生き残らなければ始まらない」という意識づけでスタート。その上で、発災後の3分、3時間、3日間で何ができるのかを考えた。

 その後、愛川中原中学校の柔道場へ移動。段ボールで間仕切りを作り避難所生活を体験した。参加者の1人は「いつ来るかわからない災害に備え、これからも講座の機会に積極的に参加して経験を積んでいきたい」と話した。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク