愛川・清川版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

茶摘み体験で交流 3市町村の住民100人

文化

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
手作業で茶摘みを行う参加者たち=清川村
手作業で茶摘みを行う参加者たち=清川村

 厚木市、愛川町、清川村の3市町村交流茶摘み体験が5月10日、清川村内で行われた。

 この取り組みは、市町村振興宝くじの収益金から助成を得て、3市町村の行政機関で組織する厚木・愛甲まちづくり研究会が主催。普段体験することができない「茶摘み」を通して、農業や農村の魅力、大切さなどを感じてもらおうと初めて企画された。

 この日は天候にも恵まれ午前・午後合わせておよそ100人が参加。村役場裏の山口進さんが所有する茶畑で茶摘みを体験した。

 参加者たちは山口さんから、芯とその下の3枚の葉を摘み取る「一芯三葉」の方法を教わると、約1時間に渡って手作業で茶葉を摘み取った。

 その後、村内にある荒茶工場「チャピュア清川」に場所を移し、荒茶の製造工程を見て回った。さらに、JAあつぎ清川支所で「お茶の淹れ方講座」を受講。清川煎茶の会のメンバーに美味しいお茶の淹れ方の手ほどきを受けた。

 厚木市岡田に住む増永ヒロ子さんは、ペルーから日本へやってきて近所に住む糸数澄子さんと、スリランカ国籍のイレーシャー・ラナトゥンガさんらとともに体験会に参加。「日本の茶摘みを体験してもらおうと声をかけてみました。遠足気分で楽しい。今後も色々な企画があれば参加したい」などと感想を話した。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク