愛川・清川版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

坂本地区で大凧舞う 薫風の文字が大空へ

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
ロープを手に一斉に駆けだす参加者たち
ロープを手に一斉に駆けだす参加者たち

 愛川町中津・坂本地区の農道で5月4日・5日、地元有志らの手により、大凧が元気に舞い上がった。町によると、1905年(明治38年)から続くとされる伝統行事で、2年に1度行われている。

 製作は、4月17日からおよそ1週間かけて準備した。骨組みには竹を使い、大きさは縦横約4・5メートルの正方形。しっぽの長さは36メートル、重さは50kgにもなる。毎回、凧に記している題字は赤と青の文字で「薫風」と記された。

 この日は午前中に風が出ず、昼過ぎからチャレンジスタート。大人10人がかりで凧を結んだロープを手に一斉に駆け出すがうまく風に乗らない。これを数回繰り返し、やっと大空へ舞い上がったが、途中で紐が1本切れるアクシデントが発生。たこが空回りを始めたためやむなくおろし、午後2時過ぎに再挑戦。すると、見事に成功した。

 大野区長は「ここ数年、試し揚げはよかったが、本番で大空高く悠々と舞い上がったのは久しぶり」と話した。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク