愛川・清川版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

生活支援ロボの普及に一歩 県内3カ所に体験施設オープン

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena
ロボットを操作する黒岩知事(中央)
ロボットを操作する黒岩知事(中央)

 ロボットのある暮らしを身近に感じてもらおうと、厚木市妻田西にある住宅展示場内に5月25日、「ロボットハウス厚木」がオープンした。

 ロボットハウスは、生活支援ロボットの実用化や普及を通じた地域の安全・安心の実現をめざす神奈川県が企画。大和ハウス工業のモデルハウス内に、食事や読書支援、床下点検、コミュニケーションロボットなどが常設展示され、誰でも無料で体験することができるようになっている。

 オープン式典に出席した黒岩祐治神奈川県知事は「これから迎える超高齢社会に対応していくため、生活にロボットを取り入れることは非常に有意義である。この神奈川県から世界へ発信していきたい」とあいさつ。その後ハウス内で実際に生活支援ロボットを体験した。

 さがみ縦貫道路周辺の10市2町(愛川町、相模原市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町)は昨年2月、国が「さがみロボット産業特区」に指定。県はロボットの実証実験や実用化に向けた支援をしている。

 県内ではこのほか、相模原市中央区の積水ハウスモデルハウスで「ロボットハウス相模原」が、横浜市緑区の住宅分譲地で「ロボットタウン長津田サテライト」が同日にオープンした。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク