愛川・清川版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

貴重な歴史資料が47点 写真で蘇る昔のふるさと

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
大正時代の半原の姿(鎌田正芳氏寄贈)
大正時代の半原の姿(鎌田正芳氏寄贈)

 県立あいかわ公園内にある町郷土資料館で9月30日まで写真展「ふるさと点描」が開かれている。毎年、この時期に同所で行われている「糸の里文化祭」に合わせて企画された同館の特別展示だ。

 愛川町半原が糸の町として栄えた頃の様子を中心に集めた写真展。明治から昭和期の愛川町を象徴するような写真47点が展示されている。資料は、愛川町文化財保護委員によって組織された「愛川町古写真調査会」による調査成果の一部。この内30枚が半原地区、17枚が半原地区以外の写真となっている。いずれも貴重な写真の数々だが、中でも注目は愛川町初公開となる鎌田正芳氏寄贈の一枚(=写真)。大正5年の6月に半原で撮影されたもので、水車の傍らには、横須賀水道建設時の工事従事者たちが並んでいる。

 町郷土資料館学芸員の山口研一さんは「水車が活躍した頃の町域の光景は現在とは別世界です。寄贈された一枚は『これが愛川か』と思うような一枚で、私も一番気に入っています」と話す。

 問い合わせは町郷土資料館【電話】046・280・1050へ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク