愛川・清川版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

煤ヶ谷にみんなの居場所

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

 清川村煤ケ谷の住宅街の一角に9月15日、地域交流の場「よってけし」がオープンした。運営者の岩澤克美さんによると「よってけし」とは山梨の方言で「よっていきなよ」の意味。地域の人々が気軽に集うことができるようにという想いが込められている。

 空き家を改装した家の中には、カフェ兼フリースペースや、キッチン2カ所などが設けられている。外壁には草花をモチーフにしたイラストが描かれ、温かみがある。

 一般へのお披露目となったこの日は、回覧板等で存在を知ったという近隣住民らおよそ20人が参加。それぞれが自己紹介をしながら、今後の活用方法などを話し合うなど、早くも新たな人のつながりが生まれ始めている。

 開所式で挨拶に立った岩澤さんは「よってけしは、お店でも会社でも公共の場でもありません。皆さんの力で成り立つ『結』の家です。子どもから高齢者までお互いさまの心で集うことで、地域の大きな樹となれば」と話した。運営にかかる費用は、地域の食材を利用した料理やお菓子を販売するなどして賄う。岩澤さんは「これからますます高齢化が進み、日々の暮らしの中で、小さな困りごとは増える。そうしたことを身近で解決できる場所があればと思った」と話している。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク