愛川・清川版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

清川村史編さん委員会の委員長を務める 石川 武久さん 清川村煤ヶ谷在住 69歳

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

いろんなことに興味津々

 ○…平成28年の発刊を目指し、編集作業が進められている清川村史。実際の執筆は村外の専門家5人で構成する編集委員会だが、編集委員会の報告をチェックする役割を担うのが、村民9人で組織する編さん委員会だ。村史は江戸時代から平成まで約800頁のボリュームを見込んでいる。平成26年度から活動は始まり、現在も資料集めの真っ最中。「調べ始めたら、昔の名主さんの家から『年貢をどのくらいどこへ納めた』という書付などが出てくる」と身を乗り出す。

 ○…清川村では文化財保護委員会が簡単な村史を発行していたが、正式な村史は作成していなかった。注目を集める村史作成の経過報告として、村について学ぶ場である「せせらぎ大学」で編集委員による講演を企画。自身も同大学の運営委員の一人であり「どんな資料が集まり、どのように編集していくか、村の方に知ってもらえたら」と話す。

 ○…先祖代々清川村で続く旧家の生まれで、江戸時代には農業や林業を営んでいた。「実は、若い頃は清川村が嫌いでした」と苦笑する。外の世界を見てみたい。厚木高校卒業後は山梨大学に進学し甲府に住んだ。父親から「戻って来ないか」と声をかけられ「父が元気なうちに家を継ごう」と40歳を前に清川村へ。「今は盛んに里山が注目されているが、山と川、豊かな自然は清川の魅力」と語る柔和な瞳に郷土愛が宿る。

 ○…現役時代は超音波を活用した専門器具の製造や設計を行う技術屋だった。「当時は画期的だった」という発明で特許も取得した。定年後は、村史編さん委員会のほかに清川のゴミを考える会、桂川・相模川流域協議会など多彩な会議や委員をエネルギッシュに務める「いろいろな事に興味があるんです」と話す満面の笑みから日々の充実が伝わる。息抜きは夫人との畑仕事。二人の息子に恵まれ「あとは息子たちが早く結婚してくれたら…」と、父親の横顔ものぞかせる。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク