愛川・清川版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

小学生が村に提言 6年児童19人が提言

社会

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
提案を発表する子ども議員たち
提案を発表する子ども議員たち

 清川村議会議場で1月29日、第16回清川村子ども議会が開催された。

 これは、小学6年生を対象に、村の議会や行政への関心と理解を深め、意見や要望を今後の村政に役立てるために毎年行われているもの。今年は宮ヶ瀬小学校から1人、緑小学校から18人が参加。6つのグループにわかれ、村への要望や提案を発表した。

 宮ヶ瀬小学校の羽切爽さんは、宮ヶ瀬地区の人口を増やすための住宅地を造ることを提案。地域の住民に行ったアンケートをもとに、「自然を守りながら、南山運動公園や防災拠点用地を宅地にできないか考えてほしい」と要望した。

 回答に立った大矢明夫村長は「南山公園や防災用地は、イベントでの臨時駐車場や仮設住宅建設地などに利用されることもある。しかし、地域の活性化に人口増は必要。地権者の方との交渉など、宅地開発のためにできることは進めていきたい」と話した。

 緑小学校の峯尾みなみさん、秋山みなみさん、平田飛斗君のグループは、防災施設の充実として「村内に防災ベンチを設置して、防災マップと洪水マップを一つにまとめてみては」と提案した。

 大矢村長は「素晴らしい提案だと感心しています。マップについては担当者とも相談し、まとめていけるようにしていきたい」と前向きに回答した。

 この他にも児童たちからは「月に一度の買い物市を盛り上げるためにもっと大学生との協力を」「大きな公園を作って魅力ある村に」「ふるさと納税に特典や特産品を」「コミュニティーハウスの設置」などの要望があがった。

 過去の子ども議会での提案では、別所コンビニ前の横断歩道設置や宮ヶ瀬の子ども広場への時計設置、運動公園へのコンビ型滑り台設置などが実現している。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク