愛川・清川版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

愛川は町村の部4位 かながわ駅伝

スポーツ

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
平山坂下交差点を走り抜ける苅田選手(左)
平山坂下交差点を走り抜ける苅田選手(左)

 2月8日に開催された第69回市町村対抗かながわ駅伝競走大会。愛川町チームは総合23位、町村の部4位となった。

 かながわ駅伝は、県内の市町村ごとに選抜された7人の選手が秦野市から相模湖までの51・9Kmをタスキでつないでいく。今年は19市11町の計30チームが出場した。大会の選手編成は、男子5人、中学男子1人、女子1人。第1区の中学生男子と第4区の女子選手以外は高校生以上の男子選手とされており、高校生、大学生、社会人が同じ区間を走ることもあるのがこの駅伝の特徴だ。

 昨年は大雪のため中止だったが、一昨年の大会では7年ぶりに町村の部で優勝した愛川町チーム。優勝時のメンバーを中心に、ベテランと若手を加えて連覇を目指した。

 レースは秦野運動公園を周回する第1区で26位。第2区は一昨年の大会で力走した岩嵜誠選手だが、肉離れのケガから回復したばかり。それでも粘りをみせ順位を22位に引き上げる。愛川町内を走る第6区では、町一周駅伝でも鋭い走りでゴール前を沸かせた苅田広野選手が区間5位の走りで前を追うが、最終順位は2時間59分29秒で総合23位だった。井上善一監督は「前半で波に乗れなかったのが残念。来年は優勝を狙いたい」と話した。

 大会は、5区からトップに立った川崎市が2時間42分53秒で総合優勝。2位は藤沢市、3位が相模原市だった。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク