愛川・清川版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

4月に開設するグループホーム「きらきら」の施設長を務める 中川 太朗さん 社会福祉士 38歳

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena

心の声に寄り添って

 ○…NPO法人「地域生活支援の会・あい」が開設する知的障がい者のグループホーム「きらきら」で施設長を務める。同法人のグループホームは2棟目で、1棟目の「あいあい」の施設長も兼任。「笑いの絶えない明るいホームにしたい」と抱負を語る。「思いを言葉で伝えるのが苦手な方もいます。だからこそ私たちは、表情や雰囲気の変化を敏感に感じ取り、『心の声』をしっかり受け止めていきたい」と表情を引き締める。

 ○…山梨県出身。姉、兄、自身の3人兄弟で、5歳上の兄には知的障がいがあった。「子どもの頃は助けることも支えることもできなくて」と唇を噛む。障がい者支援の理想と現実。そのギャップを心に刻み、高校卒業後は東京の福祉系専門学校に入学。社会福祉法人に就職し、利用者の直接支援を4年、地域と施設を繋ぐ窓口業務を7年経験した。

 ○…障がい者支援を続けるなかで、藤野町(現・相模原市緑区)の通所施設「カフェてくてく」と出会い、地域とともに歩む在り方に心惹かれた。「障がい者の皆さんが頑張る姿でお客さんに元気を与えてくれる。そんな場所を自分も作りたい」。同法人のメンバーに呼びかけ誕生した「春日台タウンカフェ」は、思い描く理想への第一歩。「障がいのある人、ない人、若い人、ご年配の人、色々な人が触れ合い、新しいつながりの生まれる場になってほしい」と言葉を噛みしめる。

 ○…「障がいがあったとしても、地域で暮らす力があるなら住み続けられることが理想」と強く語る。入院生活が続く兄に会いに行くと「帰りたい」と切望されるという。「トラブルが起きるかもしれません。でも、慣れ親しんだ地元で生活する姿は、皆さんとても生き生きしているんです。利用者の方と地域の方が上手に触れ合えた場面を見ると、本当に嬉しくなる」。耳では聞こえない「心の声」。それをつぶさに捉えられるのは、この優しい眼差しあるからなのだろう。厚木市在住。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク