愛川・清川版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

太鼓で国際交流 サハ共和国から来日研修

文化

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
練習成果を発揮する「テティム」メンバーたち
練習成果を発揮する「テティム」メンバーたち

 ロシア連邦サハ共和国の太鼓グループ「テティム」のメンバーが3月29日から4月3日まで、愛川町で太鼓の研修を行った。

 これは、愛川町を拠点に活動する「NPOユーラシアンクラブ・愛川サライ」代表の大野遼氏が調整役となって行われているもので、今回で4回目。

 サハ共和国には、過去に太鼓文化があった。しかし現在は、博物館に太鼓が保存されているものの、叩き方を知る人はほとんどいないという。そこで、民族音楽家のゲルマン・ハトラエフさんとクラウディア・ハトラエバさん夫妻が伝統音楽再生を目的に「テティム」を結成。世界的に知られている和太鼓団体「鼓童」の演奏に感動し、和太鼓を学ぶため2010年から愛川町で研修を続けている。

 今年は11歳から17歳の子どもたち13人とハトラエフ夫妻らが来日した。一行は町内春日台にホームステイし、連日愛川高校の武道場で研修を受けた。

 指導にあたったのは、元鼓童トッププレイヤーの金子竜太郎氏。「音と音の『間にある音』も意識しながら叩いて」など、実践的な指導で汗を流した。

 愛川町での滞在最終日となる3日には、農村環境改善センターで国際演奏交流春まつりが行われ、テティムのほか、愛川高校和太鼓部や同部OBユニット「打縁」、舞彩駒など、地域の太鼓愛好団体が演奏を披露して交流を深めた。

 サハ共和国からの来日研修はこれまで年1回だったが、今年から2回に増え、夏にも行われる。また、愛川高校和太鼓部の創設者である赤川猛氏など、太鼓の指導者をサハ共和国に派遣し、現地での指導も行う予定だという。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク