愛川・清川版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

県議選愛川・清川 馬場氏4期目へ 305票差の接戦

社会

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
当選報告会で挨拶に立つ馬場氏
当選報告会で挨拶に立つ馬場氏

 任期満了に伴う神奈川県議会議員選挙が4月12日に行われ、愛川町・清川村選挙区では現職の馬場学郎氏(67・無所属)が自由民主党新人の篠崎直紀氏(34)との接戦を制し、4選を果たした。投票率は44・76%(愛川町44・21%、清川村51・68%)で、2003年の前回選挙より10・22ポイント低下した。

 当選した馬場氏は、馬渡橋架け替え工事や箕輪辻交差点改良工事といった交通インフラの整備など、現職として3期にわたって取り組んできた実績を強調。圏央道開通に伴う更なる道路の整備や福祉・医療体制の充実、さがみロボット産業特区を見据えた企業誘致などを訴えた。

 午後11時過ぎ、当選の報を受け同町角田にある事務所に姿を見せた馬場氏は「皆様の顔をしっかりと胸に刻み、これから4年間、愛甲郡発展のため全力を投じたい」と挨拶。しわがれた声が激しい選挙戦を物語っていた。

 投開票から一夜明けた13日には、同事務所で当選報告会が行われ、馬場氏は「皆様が一つになってここまで支援していただけなかったら、こうしてここに立つことができなかった。本当にありがとうございます」と集まった支援者らに深々と頭を下げた。

 一方の自民党新人の篠崎氏。2月には石破茂地方創生担当大臣が愛甲郡で演説し、選挙期間中も甘利明経済再生担当大臣や小泉進次郎内閣府政務官などが応援に駆けつけたが、現職の壁は厚く、305票の僅差で敗れた。

 開票結果を受け同町角田にある事務所で篠崎氏は「これまでのご支援を行動でかえしていく。まちのためにこれからも生きていく」と敗戦の弁を話した。

 12年ぶりの選挙となった今回の県議選。馬場氏は保守系会派の「県政会」で活動している。当紙の取材に対し馬場氏は「無所属だからこそ、いろいろな党派から意見を聞くことができる。これからも県政会を盛り立てて行きたい」と4期目への想いを語った。

敗戦の弁を述べる篠崎氏
敗戦の弁を述べる篠崎氏

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク