愛川・清川版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

県議会議員選挙で4選を果たした 馬場 学郎さん 愛川町角田在住 67歳

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

昔気質(むかしかたぎ)は背中で語る

 ○…12年ぶりの選挙は接戦だった。精力的に地域を回り、一人ひとりに握手を求める地道な選挙戦で再選を果たしたが「まだ緊張が解けてない」と苦笑い。「愛甲郡にとって重要な施策を県政に伝え、国との連携も図る。さらなる実績を作れるよう尽力していきたい」。眼差しは、どこまでも熱い。

 ○…愛川町角田に生まれ、相原高校卒業後は父が牛1頭から始めた牧場に就職。牛を約100頭飼育するまで事業を広げたが、父が50歳で体調を崩し、母も60代で介護が必要な生活に。当時自身は30代半ば。働き盛りとはいえ両親の介護に3人の子育て、そして仕事と「人生で最も激動の時期」と振り返る。苦しい日々だが、追い込まれることで出る力がある。踏ん張る気持ちは男を一回り大きく、強く鍛えてくれた。

 ○…老人ホームが充実していなかった1992年。「無いなら自分で」と、社会福祉法人愛川舜寿会を設立。老人ホームミノワホームを開設した。自ら介護を経験しているから、利用者だけでなく職員の気持ちも汲むことができる。現場にも理解と優しさが伝わり、施設は地域福祉の拠点になった。そんな姿に白羽の矢が立ち1995年、引退を控えた町議が「選挙に出ろ」と背中を押した。町議を2期務め、2003年から県政へ。保守系会派「県政会」に所属。党派を超えて幅広く意見を聞く、県政の「調整役」としても尽力する。

 ○…多忙な生活の息抜きは料理。録画した料理番組で勉強し凝ったメニューもお手の物。孫や息子夫婦には「お父さんのカレー」や「ポテトサラダ」が好評だとか。「やっぱり団らんは癒される」と目を細める。最近は料理だけでなく自分の洗濯物は自分で洗う。酪農をしていた頃から寄り添い続けてくれた夫人に、せめて家事で恩返し。「自分は昔の人間だから、なかなか優しい言葉をかけられない。いつも行動が先に出ちゃう」。決意を新たに、背中で語る男の4期目が始まる。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク