愛川・清川版 掲載号:2015年5月1日号 エリアトップへ

初のデジタル映像コン 産学公が連携

掲載号:2015年5月1日号

  • LINE
  • hatena
対象の壁に映されたテスト映像
対象の壁に映されたテスト映像

 厚木市は市制60周年を記念して、プロジェクションマッピングを使ったデジタル映像作品のコンテストを産学公が連携して市内で初めて行う。

 プロジェクションマッピングとは、パソコンで作成したCG動画を建物の外壁などの立体物に合わせてプロジェクタを使って映し出す技術のこと。東京駅や大阪城などでも行われ、新しいメディアアートとして注目を集めている。

 コンテストは、市制60周年記念事業実行委員会が主催し、市内にある東京工芸大学とソニー株式会社厚木テクノロジーセンターが技術協力を行う。6月30日までコンテストのエントリーを募り、11月6日から8日まで、市内中町のアミューあつぎ8階の屋内広場Solaで選ばれた10点ほとの作品を上映。審査員や来場者の投票によってグランプリを決定する。

 テーマは「みらい」。同市出身の建築家・石上純也氏がデザインした雲をモチーフにしたオブジェが投影対象となる。作品の長さは1作品1分から3分程度。

 同コンテストの事務局、市企画政策課の担当者は「今回のコンテストを機に、メディアアート発信市を目指し、来年以降も最先端のデジタル映像技術の振興を図っていけたらと考えている。光り輝く未来のあつぎをイメージさせる作品を、多くの方々から応募してもらえたら」と話した。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク