愛川・清川版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

中津川に鮎を放流 小学生も協力

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
優しく川に鮎を放流
優しく川に鮎を放流

 愛川町を流れる中津川で5月19日、地元の小学生らが参加して稚鮎の放流が行われた。

 これは、町商工観光課が行ったもので、この日は中津川の八菅橋周辺と田代運動公園周辺、愛川橋周辺の3カ所で約1万匹が放流された。

 この放流には、地元の小学生も協力し、田代運動公園での放流では田代小学校の3年生と4年生児童約60人が参加。愛川橋での放流では、半原小学校の3年生児童約50人が参加した。

 愛川橋周辺で行われた放流では、トラックの水槽から大きさ12cm程の鮎がバケツに小分けにされ、児童たちが鮎を川岸まで運び「大きくなってね」「いってらっしゃい」と声をかけながら、優しく川に放流していた。

 鮎たちは元気に泳ぎ出したが、中には勢い余って河原に飛びあがってしまうものもあり、児童たちが丁寧に川に戻してあげる姿も見られた。

 放流の後には、中津川漁協の代表理事組合長が鮎の一生について説明し、児童たちからは「鮎はいつが一番とれるんですか」「鮎はどうして一年で死んでしまうのですか」など様々な質問があがっていた。

放流された鮎
放流された鮎

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク