愛川・清川版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

シリーズ 地域で輝くひと【10】 生きがい 男のボランティア 「あシボ」代表 三澤保彦さん

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
活動について話す三澤さん
活動について話す三澤さん

 ボランティアとひと口に言ってもその内容は様々です。町内でも身近な地域や学校、施設などでたくさんの方々が自分の関心のあるテーマや得意な分野で活動をしています。

 活動は「できる時に・できる人が・できる範囲で」が基本。人と人との関わりの上に成り立つものであることから、地域の人々との輪も広がります。このコーナーでは、毎回、地域で汗をかくボランティアの横顔を紹介しています。

* * * * *

 町社協主催の「定年後の新しい自分探し講座」受講者を中心に結成された「あシボ(愛川シニアボランティアグループ)」は、高齢者宅や障がい者宅の草取りや植栽、家具家電の移動・修理など、28人のメンバーが現役時代に培った知識や技術を活かし、男性のみのボランティアグループとして活動しています。車イスの点検整備も活動の柱として取り組み、東日本大震災で使えなくなった車イスの整備を石巻市で実施。3年間で約350台の車イスを修理しました。

 あシボの代表を務める三澤保彦さんは、結成当初のメンバーの一人。現役時代は機械エンジニアとして多忙な日々で「町の人は、隣に住んでいる人くらいしか知らなかった」そうです。

 活動は今年の1月で10周年を迎えましたが、「メンバーの技術と気持ちがうまくかみ合って、とても良い雰囲気」と笑顔。現役時代に社長でも、あシボでは皆が平等で、それぞれの得意分野で腕を振るいます。「頑張る姿がお互いに良い刺激になって、とても心地いい。生きがいになっていますね」と満面の笑み。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク