愛川・清川版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

ゴルフ通じ青少年育成 世界的NPO 愛川に拠点

スポーツ

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
楽しみながら練習
楽しみながら練習

 世界最大規模のジュニアゴルフプログラムとして知られるNPOザ・ファースト・ティの日本支部が設立され、愛川町三増の大相模カントリークラブとASCゴルフ練習場を拠点に、5月から本格的な活動を開始している。

 ザ・ファースト・ティは、1997年にアメリカで誕生した。競技者を育成するだけでなく、ゴルフを通して子どもの健全育成を目指す活動を続けている。

 現在はオーストラリアやニュージーランド、カナダなど全世界に200以上の支部を展開、700カ所以上の施設で参加した子どもの数は、累計1000万人を超える。

 このザ・ファースト・ティのプログラムを日本でも展開するため、運営団体としてNPO法人ファーストピースが2011年4月から活動を開始。日本の初拠点として協力してくれるゴルフコースを探したところ、大相模カントリークラブの高橋正孝代表取締役社長が快諾。4年間の準備期間を経て、今年4月にトライアルの教室が開催された。4月30日にはファーストピースからザ・ファースト・ティ・オブ・ジャパンに名称を変更し、5月から本格的なレッスンがスタートした。

 レッスンはゴルフ経験の有無を問わず、小学生以上で17歳までなら誰でも入会できる。入会金はないが、1回の参加費は2千円。同クラブと同練習場で原則土曜日、ほぼ毎週練習が行われている。

 指導はライセンスコーチとボランティアコーチが担当。プレーだけでなく、練習後の振り返りなどでも子どもたちが「尊敬」や「責任」などを意識するように指導プログラムが工夫されているという。6月6日に同練習場で行われたレッスンでは、小中学生8人がパッティングの指導を受けた。障害物が置かれたグリーン上で「障害物に当てないコースで、次の一打のことも考えた場所にボールを止めるように」など、一人ひとりの技量にあわせた指導が行われた。

 日本の拠点は現在愛川町のみだが、今後は国内12コースで参加者1万人を目指す。日本支部事業責任者の森明彦氏は「ぜひ多くの皆様に参加していただければ」と話す。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク