愛川・清川版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

本厚木駅南口再開発 おとなりタウンニュース 関係者が協定書締結

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena
協定書とともに記念撮影する3者
協定書とともに記念撮影する3者

 本厚木駅南口の再開発に向け、同地区の市街地再開発準備組合と厚木市、三菱地所レジデンス(株)による協定書締結式が7月6日、市役所本庁舎で行われた。同準備組合は今年度中の組合設立をめざしており、今回の協定書締結によりまた一歩前進となった。

 今回締結されたのは、準備組合と市による公共施設整備に関する基本協定書と、準備組合と三菱地所レジデンス(株)による事業協力に関する協定書の2つ。

 再開発事業の区域は本厚木駅南口の駅前広場と旭町1丁目25番地からなる約0・8ha。このうち、準備組合と市の協定書では駅前広場拡充整備を主とするロータリー増設や立体の歩行者デッキ整備、市の負担金や事業計画などについて定められている。三菱地所レジデンス(株)との協定は、施設建築物の企画、設計、管理運営に関する協力や資金提供など。

 6日に行われた締結式には、3者の関係者が出席。準備組合の柳田光太郎理事長は「ここ数年で今が一番大きな動き。第一歩を踏み出せたなという想い。3者でタッグを組んで、南口のランドマークとなるものを作りあげたい」と話した。

 小林常良厚木市長は「厚木市にとっても南口の再開発は悲願。コンパクトシティとしての市街地への集約化は目玉事業と考えている。街づくりの最たる事業として進めていきたい」とあいさつした。

南口再開発事業のあゆみ

 2005年9月、本厚木駅南口地区約0・8haにおいて、権利者5人による再開発準備組合が設立。14年には権利者全7人が準備組合に参加。今年5月に市が都市計画決定を行い、現在は今年度中の組合設立をめざしている。

 目玉となる再開発ビルは商業や業務施設、住宅が一体となったもので、地下1階・地上22階建てを計画。準備組合では16年度工事着工、18年度竣工を予定している。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク