愛川・清川版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

「愛川清流太鼓」の代表を務める 滝澤吉男さん 愛川町半原在住 52歳

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena

幼い頃から祭り好き

 ○…バチを握る手に力を込めて、張り詰めた皮を渾身の力で叩く。爆ぜる音は空気を震わせ、観衆たちは勇壮な鼓動に酔いしれる…。日本が誇る文化の一つ和太鼓。日本各地に郷土色豊かな音色が存在するなかで、愛川伝統の太鼓を継承する「愛川清流太鼓」の代表を務める。夏といえば祭りと太鼓。毎週のようにスケジュールが埋まって今が一番忙しい時期だ。

 ○…団体の発足は2001年。前身となるのは半原宮本地区の祭り研究会で、チンドンやお囃子を子どもたちに指導する活動が中心だった。時代の流れで徐々に和太鼓を習得したい声が高まり、当初は「半原清流太鼓」としてスタート。今年4月からは「愛川清流太鼓」に名称を変えた。「町全体に愛川の太鼓の輪を広げていきたい」と力強く語る。現在約20人が活動しているが「大人が減ってきている。お子さんだけでなく、ぜひ親子で参加してほしい。太鼓を通じて親子も弾むはず」とうなずく。

 ○…出身は熱海市。有名な花火大会の日に生まれて「親からは『それで祭り好きになった』なんていわれてね」と笑顔。お祭り、神輿、太鼓好きはまさに「三つ子の魂百まで」で、20代から神輿の団体に参加し、夏には休みなく毎週のように県内各地を駆け回り、神輿を担いだ。「近隣のお祭りはほとんど全て担いだんじゃないかな」と振り返る。50歳を前に「まだ体の動くうちに」と本格的に太鼓の指導に乗り出した。

 ○…太鼓は実際に叩いてこそ。練習のなかでは手にマメができ、擦り切れて血がにじむ時もある。「マメやタコは、良い音を目指して一生懸命に打ち込んでいる証拠。子どもたちは本当に熱心についてきてくれる」と目を細める。今は自らの腕を磨くより、子どもたちの成長が何よりの宝だ。既に成人し町外に住む息子2人も小さい頃から祭り好き。地区の神輿の担ぎ番が来た年は「帰ってきて一緒に担ぐ」と満面の笑み。

愛川・清川版の人物風土記最新6

山田 一夫さん

清川村教育委員会の教育長に就任した

山田 一夫さん

清川村煤ヶ谷在住 66歳

4月19日号

稲葉 智美さん

清川村ローカルイノベーション拠点施設のレストランを担当する

稲葉 智美さん

清川村煤ヶ谷在住 34歳

4月5日号

成瀬 和治さん

愛川町西部地域まちづくり推進委員会の委員長を務める

成瀬 和治さん

愛川町半原在住 77歳

3月22日号

岩澤 吉美さん

清川村長に就任した

岩澤 吉美さん

清川村煤ヶ谷在住 62歳

3月8日号

原  明さん

愛川山岳会の会長を務める

原 明さん

愛川町半原在住 71歳

2月22日号

小倉 克仁さん

市町村対抗かながわ駅伝の愛川町チーム主将を務める

小倉 克仁さん

愛川町半原出身 28歳

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク