愛川・清川版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

消費喚起に一役 愛川・清川でプレミアム商品券

社会

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena
清川村での販売の様子
清川村での販売の様子

 国の交付金制度を活用した「プレミアム付商品券」が各地で発行されている。6月1日の「愛川とくとく商品券」に続き、7月1日には「清川村プレミアム付商品券」が発売された。販売開始直後から利用する人もおり、消費喚起に一定の効果が見られる。

 清川村初のプレミアム商品券は、交流促進センター「清流の館」、JAあつぎ清川支所、宮ヶ瀬水の郷観光案内所の3カ所で販売が開始された。上乗せ率は20%。1冊5000円で、500円の商品券が12枚つづりになっており、6000円分の買い物ができる。発行総数は3000冊。担当の村産業観光課によると初日の販売冊数は3カ所合計で209冊。日ごとに販売数は伸びてきているという。

 清川村のプレミアム付商品券は村内外の誰にでも購入でき、煤ヶ谷地区と宮ヶ瀬地区で利用できるため、これからの夏休みシーズンは観光でも利用できるのが特徴だ。宮ヶ瀬水の郷商店街の飲食店や旅館のほか、湖畔園地のバーベキュー場、カヌー、ロードトレインなどにも利用できる。

 同課では「スタートの販売冊数は想定内。これから夏に向けて徐々に販売冊数が伸びていけば」と話す。

 プレミアム商品券の販売開始から1カ月以上が経過した愛川町では、既に町内の事業者が愛甲商工会に換金手続きに訪れる姿が見られる。同商工会によると、換金率は全体の約35%で「10月31日までの利用期間を考えると、順調にご利用いただけているのでは」と同商工会の担当者は話す。

 愛川町では過去に3度プレミアム商品券を発行しているが、いずれも上乗せ率は10%だった。今回は過去最大の20%の上乗せ率から注目が集まり、販売開始から数日で完売した。さらに、過去にあった大規模店と小規模店の利用制限を今回は制限しなかったため、当初は「大規模店へ利用が集中するのでは」との懸念もあったが、同商工会によると「まだ具体的な数値として統計は出ていませんが、換金に来られる事業者の方をみると、町内の幅広い店舗でご利用頂けている」と分析。「消費喚起に一定の効果があったのでは」と話す。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク