愛川・清川版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

戦後70年 愛川の記憶 町郷土資料館で企画展

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
展示された戦時中を伝える資料
展示された戦時中を伝える資料

 愛川町郷土資料館で8月31日(月)まで「戦争の記憶 戦後70年」と題した企画展が開かれている。同展では、当時の写真や日記など約100点の資料を紹介。かつて愛川町にあった相模陸軍飛行場の航空写真など、愛川町の戦時中を伝える資料も多数展示されている。

 この展示会は隔年開催で今回は4回目。先人たちが体験した戦争の惨禍とそこからの復興にスポットをあてる。寄贈された資料、同館所蔵品、個人所有物など約100点の資料は「出征兵士」「銃後の守り」「復興への足音」などテーマごとに分けられている。

 戦後70年の節目となる今回の展示では、終戦2日前の8月13日に相模陸軍飛行場から下田沖に向けて飛び立った特攻隊の遺品を展示している。特攻に使われた「九五式中間練習機(通称・赤トンボ)」の模型や、飛行場を再現したジオラマなどもあり、当時の息遣いを今に伝える。

 過去の展示会では期間中およそ1万人の来館があったという。来館者から新たな資料が寄せられることもあり、今回も資料の約3割は新たな展示物だ。

 また、7月26日(日)には歴史講座「愛川町と戦争の記録―戦後70年―」が開催される。

 同館学芸員の山口研一さんが展示会を通して集まった資料をもとに、より詳細な解説を行う。時間は午後1時30分から3時30分。

 山口さんは「愛川町に残る戦争の記憶・記録を後世に長く残していきたいという思いで開催しています。多くの方にご来場いただけたら」と話す。

 会期中の休館はなし。入場無料だが、車で来場の場合は県立あいかわ公園の駐車場が有料(普通車500円)。詳しくは同館【電話】046・280・1050へ。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク