愛川・清川版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

伝統の三頭獅子舞 三増で演舞披露

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
力強い境内での演舞
力強い境内での演舞

 愛川町三増地区の諏訪神社と周辺で7月19日、県の無形民俗文化財に指定されている「三増の獅子舞」が行われた。

 およそ300年前から伝わる三増の獅子舞は、毎年7月20日前後の休日に行われている。今年の行列(道行き)は、諏訪神社から北西に100mほど離れた「カミノクラ三河屋」と呼ばれる個人宅を午後2時30分頃に出発。三増の獅子舞は一人立ち三頭獅子舞が特徴で、父の巻獅子、母の玉獅子、子の剣獅子の三頭のほか、姥面をかぶった教導役としての「バンバ」、露はらいの天狗、笛師・唄師・ササラ等が行列に加わる。

 一行は舞を披露しながら3時頃に諏訪神社へ入り、境内でも舞を披露。三増獅子舞保存会のメンバーのほか、愛川高校の生徒による演舞も披露された。

カミノクラ三河屋を出発する獅子舞
カミノクラ三河屋を出発する獅子舞

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク