愛川・清川版 掲載号:2015年8月14日号 エリアトップへ

戦争の記憶 資料で伝える アミューあつぎで特別展

社会

掲載号:2015年8月14日号

  • LINE
  • hatena
軍服などの貴重な資料と遊佐館長
軍服などの貴重な資料と遊佐館長

 「戦後70周年 戦争とくらし展」が厚木市中町のアミューあつぎアートギャラリーで8月18日(火)まで開かれている。主催はNPO法人昭和歴史館(遊佐省三館長・74)。貴重な品を収集し、公開し続けるその想いを取材した。

 市内上荻野の美術・骨董品店、相州美術内に常設されている昭和歴史館。そこを訪ねると、並んでいるのは戦時中に実際に使用された軍服や、生活用品などの貴重な物ばかり。その数は2千点以上にものぼる。

 きっかけは、遊佐館長が美術・骨董品の卸業に携わることになった30余年前。市場には、普通の美術品などの他、戦時中に使われた品々が多く売り買いされていた。「人の魂が入ったものを売買することに心が痛んでね」。その想いから自ら買い取り、収集を始めた。

 「多くの人に、品物を通して戦争の悲惨さを考えてほしい」。そうした考えで、売り場の一部を展示スペースに改装。現在の昭和歴史館を設けるまでに至った。同館の存在を知った遺族からの寄贈も増え、手紙や写真など貴重な資料が、全国各地から寄せられるまでになった。

 今回、アミューでの展示会にはうち、200点余りが並ぶ。遊佐館長は「今年は戦後70周年。その追悼の意味を込めて、より多くの人に見てもらいたい」とその想いを語った。

 展示会についての問合せは同館【電話】046・291・2100へ。期間中は午前10時から午後6時まで(最終日は3時)展示が行われている。直接、同館(上荻野1905)を訪問する場合は、要事前連絡。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

当初予算案を発表

愛川町清川村

当初予算案を発表 社会

子育てや地域活性化に重点

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク