愛川・清川版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

町シルバー人材センター 復興願いワカメ販売 売上金を被災地へ

社会

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena
ワカメ販売の様子
ワカメ販売の様子

 愛川町シルバー人材センターが10月25日、町役場周辺で行われた愛川ふるさとまつりで「東日本大震災復興支援コーナー」として三陸ワカメの販売を行った。

 これは、同センターが地域貢献活動事業として行ったもの。前日の夜に木枯らし1号が吹き、やや風が強いものの秋晴れとなったこの日、会場は即売会が多数出店し、大勢の町民で賑わいをみせた。

 同センターでは、この日のために宮城県気仙沼の業者から1袋250g入りの三陸ワカメ300袋を仕入れた。佐藤政利理事長をはじめ理事数人が売り子となり、震災復興支援を願ってワカメを販売。午前10時の販売開始から大勢の町民が買い求め、約1時間の短時間で完売した。ブースでは同センターのチラシも配布し、会員拡大と就業機会拡大の広報活動も併せて実施した。同センターでは、三陸わかめの売上金約13万円の全額を、被災地の気仙沼へ送金した。

 また、同センターではふるさとまつり前日に町役場周辺の清掃活動を行った。

 10月の全国シルバー人材センター事業普及啓発月間に合わせて行われたもので、同センターの会員89人が参加。空き缶や空き瓶、紙くずなど、沢山のゴミが集められた。

前日の清掃活動
前日の清掃活動

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク