愛川・清川版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

花粉は「昨年より多い」 調査結果を発表

社会

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県が1月29日、2016年春のヒノキ花粉の飛散量予想を発表した。

 調査結果から、今年のヒノキ花粉は昨年に比べ多い予想。昨年12月に発表されたスギ花粉の飛散量も昨年より多いと予想されており、花粉症の人にとっては受難の春となりそうだ。

 調査は神奈川県自然環境保全センター(厚木市七沢)が行った。県内森林地帯を4地域に区分し、スギは合計30カ所、ヒノキは合計40カ所を対象に、調査を実施した。

 各調査カ所の中から調査木を選定し、双眼鏡や望遠鏡で雄花の着花状況を判定。着花点数を算出した。

 調査の結果、今年のスギ林の着花点数平均値は50・6で、昨年の37を上回り、調査開始から18年間の平均値42・9も上回った。

 ヒノキ林の着花点数平均値は今年が52・5で、こちらも昨年の34・7を上回り、調査開始からの4年間で最も高い数値となった。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク