愛川・清川版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

かながわ駅伝 愛川は町村の部4位 清川村も合同チームで参加

スポーツ

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
平山坂下交差点を通過する苅田選手
平山坂下交差点を通過する苅田選手

 第70回市町村対抗かながわ駅伝競走大会が2月14日に開催された。愛川町は総合20位で、町村の部4位だった。今年は70回の記念大会として、清川村も合同チームで出場した。

 かながわ駅伝は、県内の市町村ごとに抜擢された選手が秦野市から相模湖までの51・9Kmをタスキでつなぐ。選手編成は男子5人、中学生男子1人、女子1人の7人。第1区は中学生男子、第4区は女子とされており、社会人、高校生、大学生が同じ区間を走ることもあるのが特徴だ。

 今年は清川村・真鶴町・湯河原町の合同チームが出場したことで、大会史上初の全市町村参加となった。

 愛川町チームは、秦野市中央運動公園を走る第1区で27位。第2区で26位、第3区で25位と徐々に順位をあげていった。24位でタスキを受けた第6区では、実力者で知られる苅田広野選手が区間3位の力走で一気に順位を20位に。最終順位は2時間52分50秒で総合20位。昨年より総合順位はあがったが、町村の部では昨年と同じ4位だった。

 清川村が参加した合同チームは、3時間31分48秒(オープン参加のため順位はなし)だった。

 大会は、第3区から1位に出た横浜市が優勝。2位は川崎市、3位は相模原市だった。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク