愛川・清川版 掲載号:2016年6月10日号
  • LINE
  • はてぶ

鮎シーズン開幕 中津川など連日盛況

文化

解禁日を楽しむ釣り人たち
解禁日を楽しむ釣り人たち
 中津川など相模川水系の鮎釣りが6月1日、解禁となった。シーズン開幕を待ちわびた釣り人たちが連日早朝から清流に並び、賑わいを見せている。

 相模川水系の鮎釣りは例年6月1日から10月14日まで。今年は型の良い天然遡上鮎が多く、5月下旬に相模川漁業協同組合連合会が行った試し釣りでは体長8cmから19cmの鮎があがり、順調な成長の様子だ。遡上数も多く、観測史上3番目だった昨年を上回っているという。

 中津川の友釣りの好ポイントとして人気の田代運動公園前では、解禁日に多くの釣り人が竿を出した。

 昼前から川面を走る横風が強くなり苦戦する人の姿も見られたが、好調な人は30尾ほどの釣果を手にしていた。釣り人の一人は「今年もやっとシーズンが始まった。午後からもまだまだ頑張ります」と満面の笑みを見せていた。

 なお、相模川水系での鮎釣りには釣具店やコンビニで販売されている遊漁券が必要となる。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月2日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク