愛川・清川版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

清川村 60周年でロゴ決定 式典や花見の里など記念事業も

社会

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena
60周年ロゴデザインのひとつ
60周年ロゴデザインのひとつ

 清川村が今年9月に村制60周年を迎えることをうけ、記念のロゴマークが誕生した。村では節目を祝う記念事業として10月に記念式典を行うほか、煤ヶ谷では「(仮称)きよかわ花見の里整備事業」に着手する。

 清川村は、旧煤ヶ谷村と旧宮ヶ瀬村が合併して1956年に誕生した。今年で村制60周年を迎え、村では節目の年を盛り上げるため、村のマスコットキャラクター「きよりゅん」の記念ロゴマークを作成。きよりゅんのデザイン作者に依頼し、リボンや帽子でドレスアップしたきよりゅんが誕生した。

 村ではこのロゴマークを村の印刷物などに積極的に活用し、村内外に60周年を周知する。

 また、今年4月には、村職員に記念事業のアイデア募集を実施。提案があった32事業の中から既存事業と新規事業が選ばれた。

 新規事業は、10月2日(日)に記念式典を実施するほか、煤ヶ谷にある村ふれあいセンター別所の湯付近の土地に「(仮称)きよかわ花見の里」を整備する。

 この花見の里は、一年中花を楽しんでもらえる場所として、多くの人が集える場所を目指して作られる。

 将来の70周年を見据え、10年かけて段階的に整備を進める方針で、今年度は構想・全体像づくりや5年先の目標、植樹する木の選定などを行う予定だ。村総務課によると、シンボルとなる木は広島からの平和記念樹を植樹するという。同課では「様々な季節ごとに楽しめる花を植えることで、村民の方はもちろん、村外の方にも来ていただける場所にしたい。村内の活性化につながれば」と話す。

 このほか、既存事業の拡大・拡充では、8月11日(木)に行われる青龍祭のグレードアップをはじめ、10月には村史発刊記念講演を行い、秋頃には道の駅清川での記念セール・記念切符の販売を予定している。

 村では今後、60周年記念事業の実行委員会を立ち上げ、各種事業の実施に向け準備を加速させる。

花見の里事業が予定されている煤ヶ谷の土地
花見の里事業が予定されている煤ヶ谷の土地

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク