愛川・清川版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

明治から続く宴席 中細野地区で稲荷講

文化

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
明治から続く連名帳
明治から続く連名帳

 愛川町半原の中細野地区で明治時代から続く稲荷講が2月12日、小料理屋「竹の子」で行われた。

 この行事は、土地の神様に感謝するとともに、家内安全を願い、地域の大人たちが集い酒食をともにするもの。毎年2月に行われている。参加者を記した連名帳が今も当番制で保管されており、明治18年まで遡ることができるという。

 今年の連名帳当番を務める小俣佳司さんは「昔は各地域でこのような講があったようです。中細野でも参加者は少なくなってきていますが、今も続いています」と話す。

稲荷講の様子
稲荷講の様子

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク