愛川・清川版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

ユニクロで土門のどら焼き オープニング記念でコラボ

社会

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena
ユニクロのロゴが入ったどら焼きを手にする土門社長
ユニクロのロゴが入ったどら焼きを手にする土門社長

 愛川町の菓匠土門の「どら焼き」が、ユニクロ本厚木ミロード店のリニューアルオープニングイベントで配布されるノベルティに選ばれた。4月21日(金)のイベント初日限定で、開店から先着100人にユニクロの刻印が入ったどら焼きが配布される。

 菓匠土門は、1967年創業。素材の味を大切にした創業当時から変わらない商品だけでなく、フルーツの大福など新しいお菓子への取り組みも続けている。店舗は愛川本店と本厚木ミロード店を展開している。

 どら焼きは、2008年姫路全国菓子博覧会で農林水産大臣賞を受賞し、愛川ブランドにも認定されている土門の主力商品のひとつ。

 ユニクロの本厚木ミロード店は、21日に本厚木ミロード2階にリニューアルオープンする。このイベントで、ユニクロが地域に密着した菓子舗とのコラボレーションを企画。スタッフによる話し合いやリサーチを進めたところ、土門にたどり着いた。同店では「美味しく有名な老舗と伺い、土門さんに協力をお願いしました」と話す。

 リニューアル初日のどら焼き配布のほか、24日(月)まで行われる抽選会の賞品でも、土門のお菓子詰合せが選ばれている。抽選は税別4千円ごとに1回挑戦でき、土門の詰め合わせは2等の賞品だ。

 土門の土門巨幸社長は「数あるお菓子のなかでも、どら焼きは自分が一番こだわりを持っているお菓子。多くの方に認めていただき、ユニクロさんからお声掛けいただけたことは、とても嬉しい。一緒に盛り上がっていけたら」と話す。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク