愛川・清川版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

浸水想定区域を見直し 県が新たな図を公表

社会

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 増加する集中豪雨などに対応するため、神奈川県では「洪水浸水想定区域」の見直しを進めている。3月31日には、相模川・中津川などの新たな想定区域を公表。同時に「家屋倒壊等氾濫想定区域」も公表した。

 近年は、これまでの想定を超える豪雨が全国的に発生している。避難体制強化を図るため、2015年に水防法が改正され、これに伴い、洪水浸水想定区域の対象とする降雨が「河川整備の目標とする降雨」から「想定し得る最大規模の降雨」に高められ、県では区域の見直しを進めていた。

 新たに公表された資料は「相模川水系相模川、中津川及び酒匂川水系酒匂川の洪水浸水想定区域図」。これまでに比べ、浸水が予想される区域が拡大しているほか、予想される浸水深が深くなった地域もある。

 県の資料によると、想定最大規模の洪水浸水想定区域に含まれる自治体は、相模川で11市町約59平方キロメートル 、中津川で2市町約7平方キロメートルに及ぶという。

 また、堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸浸食が予想される区域として、家屋倒壊等氾濫想定区域を新たに公表している。

 これらの公表資料は、県土整備局河川課、関係土木事務所、県政情報センターのほか、河川課のホームページでも閲覧できる。

 詳しくは県土整備局河川課【電話】045・210・6479へ。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク