愛川・清川版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

命の尊さ胸に刻み 新消防署長 新倉哲夫さん

社会

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
新倉哲夫消防署長
新倉哲夫消防署長

 町の消防の要である消防署長。4月1日から新署長に就任した新倉哲夫さんは、18歳で消防の道に進み、今年で40年目。救急の任務を25年間経験した、救急のスペシャリストでもある。

 新倉署長によると、町内では近年、火災での出動件数は落ち着いてきており、家庭での住宅用火災警報器の普及率も高いという。

 一方で、増加傾向にあるのが救急だ。年間約2千件という救急件数は「人口比率でみると多い」と警鐘を鳴らす。高齢化が主な要因と分析され、独居老人の増加などもあり、倒れてしまった際に発見が遅れるケースもある。「地域での声掛けなどにも取り組んでいただいていますが、一層の注意が必要です」と話す。

 救急の出動件数は多いが、愛川町内では救急車での搬送中に呼吸や意識、心拍などの回復率が高い傾向にあるという。これは、居合わせた人が救急措置を取ることが多く、適切な処置がされていることが大きい。「愛川町は、町民の方の救命講習受講率が県下でもトップクラスなのです。勇気を持って手を差し伸べてくださる方がとても多いことは、ありがたい」と話す。

 現在、愛川町消防署の職員は68人。団塊世代の大量退職もあり、世代交代が目下の課題。今後、3年から5年程で、全職員の半数が勤務経験5年未満の職員になる。「若手の職員には、応用力など『気づく力』をもっと身に着けさせたい」と厳しい父親の表情。「人の命に係わる仕事は『間違った』では済まされない。このことを、改めて肝に銘じたい」。命の尊さを胸に刻み、今日も愛川を見守る。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク