愛川・清川版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

善意のゴルフ30周年 チャリティー大会で寄付

社会

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
寄付の記念撮影。写真左から、熊坂会長、萩原会長、吉川進副町長、高橋正孝大相模カントリークラブ代表取締役、新井義夫大会実行委員長
寄付の記念撮影。写真左から、熊坂会長、萩原会長、吉川進副町長、高橋正孝大相模カントリークラブ代表取締役、新井義夫大会実行委員長

 愛川町三増の大相模カントリークラブで4月18日、「あいかわチャリティーゴルフ大会」が開催された。第30回の記念大会である今回は243人が参加し、プレー後の祝賀会では、愛川町や愛川町社会福祉協議会に寄付金が贈られた。

 同大会は、愛川ライオンズクラブや大相模カントリークラブ、愛甲商工会、町ゴルフ協会、国際ソロプチミスト愛川などが実行委員会を組織し、毎年行われているもの。

 大会前日からの雨が早朝まで続いたが、プレー開始時刻には晴れあがり、好天に恵まれた。大会には愛川ライオンズのメンバーをはじめ、厚木市や海老名市のライオンズメンバーなども参加。和気あいあいとコースをまわった。

 祝賀会では、愛川ライオンズクラブの熊坂崇徳会長が「多くの方に参加いただき、感謝しています。30回続いたのは、皆様のおかげ、来年以降も続けていきたい」と挨拶した。

 チャリティーの贈呈では、愛川ライオンズから、大会参加者によるチャリティー金など25万円が町社協へ寄付された。また、大相模カントリークラブからの寄付も行われた。

 寄付を受け、町社協の萩原庸元会長は「多くの方のご厚意をいただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 記念大会ということもあり、順位賞では同カントリークラブが豪華景品を多数提供。プレーの結果発表なども行われ、参加者らは賑やかに親交を深めた。

 なお、大会のベストグロスは以下の通り(スタートコース別・敬称略)。

▽西コーススタート・岸本俊三▽中コーススタート・高木修二▽東コーススタート・清水喜吉

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク