愛川・清川版 掲載号:2017年7月7日号 エリアトップへ

まちづくりで連携へ 青年3団体がサミット

社会

掲載号:2017年7月7日号

  • LINE
  • hatena
握手をする(左から)小澤理事長、長島部長、北村会長
握手をする(左から)小澤理事長、長島部長、北村会長

 公益社団法人厚木青年会議所(小澤伸悟理事長・厚木JC)は6月13日、6月例会「The Rising Generation Summit 2017 in Atsugi」を厚木商工会議所5階大会議室で開いた。

 この日は厚木・愛川・清川で活動する厚木JCをはじめ、厚木商工会議所青年部(北村太会長)と愛甲商工会青年部(長島典正部長)の3団体のメンバーが集合。それぞれの団体がまちづくりに対して、どんな想いでどんな活動をしているのかを共有し、協働するきっかけ作りを目的にサミットが開かれた。この日は100人以上が参加。第一部では各団体の紹介や活動内容を報告しあった。その後、二部としてパネルディスカッションを実施。小澤理事長、北村会長、長島部長が登壇し、「手を取り考えよう!無限の可能性、俺たちの厚愛地区!」をテーマに地域の魅力や問題提起があった。

 さらに、第三部の懇親会の席では、各団体のトップによって「厚愛青年宣言」を行った。これは地域の未来のビジョンや諸問題を共有し、意見交換の場を年に1回程度開催しようというもの。宣言文が全会一致で承認され、サミットは大盛況のうちに幕を下ろした。

 厚木JCの担当者は「地域の発展のために、各団体の垣根を越えて手を携え協働することも、この地域には必要なこと。今例会で、その第一歩が踏み出せたと思います」と振り返った。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

ズラリ愛川の恵み

ズラリ愛川の恵み 社会

3日に農林まつり

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク