愛川・清川版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

今年の新酒が出荷 田代の大矢孝酒造

社会

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena
丁寧に新酒を仕込む大矢さん
丁寧に新酒を仕込む大矢さん

 愛川町唯一の酒蔵である大矢孝酒造(愛川町田代521)で12月1日から、今年の新酒出荷が始まった。

 1830年創業の老舗酒蔵である大矢孝酒造。看板商品である「残草蓬莱」は、柔らかな香りと端麗な味わいで「食事と一緒に楽しめる日本酒」として全国にファンがいる。

 8代目蔵元の大矢俊介さんは「今年は夏の天候不順で米の作柄が少し不安でしたが、仕込んでみると、例年に劣らぬ良い品質で、出来上がりも上々。安心しました」と話す。麹室の新調や新たな機械の導入などもあったが、品質を変えずに効率化が進んだという。「今年もバランスのとれた綺麗な質のお酒が仕上がりました」と大矢さんも笑顔。例年通り約500石が出荷される。出荷状況など詳しくは【電話】046・281・0028へ。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク