愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

力合わせ準備着々 青龍祭に向け竹切り

文化

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
龍の材料となる竹を切り出す村民ら
龍の材料となる竹を切り出す村民ら

 清川村煤ヶ谷の夏の一大イベント青龍祭に向け、今年も準備が始まった。1月20日には竹の切り出し作業が行われ、村民ら約20人が汗を流した。

 この日は、青龍保存会をはじめ同祭実行委員会、清川村建設協力会、地域おこし協力隊などが参加。竹林から約80本の竹を切り出した。竹は8mほどの長さにそろえられ、次の「タガ作り」の会場となる緑小学校に運ばれた。同小学校では、2月17日(土)に竹の一部を割り、タガや龍の爪を作る。

 青龍祭は、江戸時代の「雨乞いの雌龍・雄龍」が由来。一度は途絶えたものの、1986年に子ども会の地域学習で龍を制作したことをきっかけに、伝統文化を再現しようと青龍祭が誕生。20mを超える龍が村内を練り歩き、クライマックスの「昇龍の儀」では、人々の願いを込めた祈願札をつけた2匹の龍が大きな炎に包まれる。今年は8月11日(土)の開催が予定されている。

愛川・清川版のローカルニュース最新6

認め合い支え合う やさしい社会へ

認め合い支え合う やさしい社会へ 社会

愛川舜寿会常務理事 馬場拓也さん

5月1日号

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」

「愛甲郡のファンをもっと増やしたい」 社会

神奈川県議会議員 佐藤圭介さん

5月1日号

「何が必要か」を常に模索

穏やかな時代を共に

古民家で五月人形

古民家で五月人形 文化

山十邸で6日まで

5月1日号

2019あいかわチャリティーゴルフ

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク